話題

伊藤洋輝選手元カノの狂わされた人生が悲惨すぎる

itouhiroki-motokano話題

7月20日発売の週刊文春にて、サッカー日本代表DF伊藤洋輝(いとうひろき)選手が、元カノに2度の中絶要求をしていたと報じられました。

文春で報道されている、伊藤洋輝選手が元カノに中絶を要求させられた経緯についてまとめました。

伊藤洋輝選手元カノ中絶は「親にバレないように」

「彼はサッカー日本代表として活躍し、家庭も築いて順風満帆です。でもその陰で、A子は彼に人生を滅茶苦茶にされたんです」
そう語るのは、静岡県内に住む20代の女性A子さんの友人女性である。

引用元:bunshun.jp

itouhiroki-soccer-iapn

 

伊藤洋輝選手とA子さんの交際スタートは中学生のころだったそうです。小学生からの同級生で、伊藤洋輝選手が中学2年のときにA子さんに一目ぼれしたそう。

最初は伊藤洋輝選手の告白を断っていたそうですが、だんだんと伊藤洋輝選手に惹かれるようになっていったと話します。

ジュビロ磐田ユースで活躍し、世代別大代表にも選ばれており将来を期待されていたので、A子さんには伊藤洋輝選手が輝いて見えて見えていたのでしょう。

 

itouhiroki-ako

 

高校は別々で伊藤洋輝選手がサッカーで多忙になり別れたそうですが、高校卒業後に伊藤洋輝選手からA子さんに連絡があったとのこと。

 

「伊藤君に呼び出され、A子が食事だけのつもりで付いていくと、ラブホテルに連れていかれた。避妊具は着けなかったそうです」

引用元:bunshun.jp

 

伊藤洋輝選手から何度も誘われることだ続き、A子さんは妊娠してしまいました。A子さんには伊藤洋輝選手の子供を産みたいという気持ちがあったそうです。

一度は別れてしまいましたが、A子さんにはまだ伊藤洋輝選手への気持ちが残っていたのではないでしょうか。

 

「20年1月に成人式で伊藤君に告げると『絶対無理』と拒否されたのです。ショックを受けたA子は親にもバレないように産婦人科を探し、中絶をした」

引用元:bunshun.jp

A子さんは中絶後にうつ病と摂食障害になってしまいました。何も食べてもおう吐してしまう状態に。アフターピルも吐き出してしまう状態だったとのこと。

そんな状態にも関わらず、伊藤洋輝選手はA子さんを呼び出し続けました。A子さんを気遣うこともなく今まで通りの関係を続けようとしていました。

伊藤洋輝選手元カノ2度目の中絶も「ありえない」

 

2020年10月にA子さんは2度目の妊娠をしてしまいます。1度目の中絶が同年1月なので1年経たないうちに2度目の妊娠したことになります。

これは身体的にも精神的にもかなりの負担がかかったのではないかと推測されます。

 

「2度目の妊娠を彼に伝えると、今度も『無理』『ありえない』と。A子が中絶の立会いを求めると、『俺は行けないからビジネスパートナーの人にお願いする』と言われたんです」

引用元:bunshun.jp

 

2度目の妊娠を告げられ、A子さんが中絶の立ち合いを求めましたが、伊藤洋輝選手からは「無理」「ありえない」という言葉が。「俺はいけないからビジネスパートナーの人にお願いする」と言ったそうです。

ビジネスパートナーとはジュビロ磐田のサポーター男性のことで、よくSNSに写真をのせているそうです。この男性と一緒に名古屋市内の産婦人科へ行ったとのこと。

 

itouhiroki-chilyuuzetu

                 引用元:bunshun.jp

人口妊娠中絶同意書にはサインをしていますが、これが本人のものかどうかも怪しいですね。人工妊娠中絶は基本的には保険がきかないようなので、A子さんにとっては金銭面での負担も大きかったはずです。

親にバレないように中絶しているのならなおさらです。伊藤洋輝選手が費用を負担したかは分かりません。

 

伊藤洋輝選手元カノには謝罪もせず自分は「結婚」

そして伊藤洋輝選手は2021年6月に結婚しています。2度目の中絶後、A子さんは伊藤洋輝選手と連絡を絶ちました。そして今年4月にある行動にでました。

 

「インスタで非公開アカウントを複数作り、妊娠時のエコー写真などを載せ、伊藤君のインスタにタグ付けをした。すると弁護士から示談を求める連絡があったそうです」

引用元:bunshun.jp

 

弁護士からの連絡内容は、A子さんがインスタに上げた内容について伊藤に謝罪し、伊藤洋輝選手が解決金を支払うという内容だったとのこと。

彼女はサインをしたが、実はそのことを全く覚えていないそうです。たくさんの薬をのんでいたとのことですので、眠気などで意識が朦朧としていたのではないかと推測します。

弁護士に示談書の見直しを求めたそうですが、サインをした後なのでダメだと言われたとのこと。A子さんは示談書のコピーはとっていなかったのでしょうか。

 

弁護士によると、伊藤洋輝選手はA子さんと真摯に交際していたと話しているとのこと。それが本当であれば、中絶に至るまでに誠実な対応があったでしょう。2度も中絶をさせることもなかったはずです。

今回報道された内容を見る限り、伊藤洋輝選手が自分のことしか考えていなかったことがよく分かります。

避妊具をつけずに性行為を行えば妊娠の可能性があることは分からなかったのでしょうか。A子さんのことを都合のいい女だと思っていたのでしょう。

 

伊藤洋輝選手はA子さんに示談書を送り付けてサインさせ、今に至るまで謝罪すらしていないそうです。信じられませんね。

今年11月に開催されるワールドカップまで伊藤洋輝選手の動向が気になります。もしテレビで活躍する姿をみても、とてもじゃないですが伊藤洋輝選手を応援する気にはなれませんね。

 

 

 

 

やまちんReport

コメント

タイトルとURLをコピーしました