英会話

PEPPY KIDS CLUB の体験レッスンに行ってみた

英会話

初めまして、おこめです。
お子さんは習い事をしていますか?

今回の記事では、娘が英会話を始めるきっかけになった、PEPPY KID CLUBの体験レッスンの様子をお伝えしていきたいと思います。

2020年から新学習指導要領に基づいて小学校で英語教育が必須になりましたね。おこめの時代は英語の授業は中学生からでした。文法が嫌いで英語に苦手意識を持ったのもこの頃からでした。リスニングは好きでしたね。

娘は現在小学2年生です。1年生のときから定期的に英語の授業がありました。
英語の授業があった日は、勉強したことを教えてくれたり、「英語楽しい!」、「英語ってカッコいいな〜」と言うことが多くなりました。

寝る前に英語の問題を出して、答えてもらうのが習慣でした。意味を覚えて英語の授業の時に先生に伝えていたようです。

PEPPY KID CLUBの説明会



近所のスーパーでPEPPY KID CLUBの説明会が開催されていました。聞いたことのないところだったので、スルーしようと思っていました。しかし、カラフルな風船につられた娘がお姉さんに話しかけられてしまいました。

仕方がないので適当に話だけを聞いて帰ろうと考えました。
私が説明を聞いている間、娘がお姉さんと色当てゲームをして楽しそうに過ごしていました。

PEPPY KID CLUBは全国に1300以上の教室があり、家の近くにも教室があると説明されました。
引っ越しを控えていることもあり、引っ越し先の教室を見てみるといくつか教室があることが分かりました。
PEPPY KID CLUBはいつでも生徒を募集しているのではなく、教室に空きが出たときに説明会を開催して生徒を募集しているそうです。

通うわけでもないし、と軽い気持ちで説明会を聞いていました。すると、お姉さんから体験レッスンの話を聞いた子供が体験レッスンを受けたいと言い出したのです!

気分にムラのある方だし、思いつきで言ってるのかな?と思いましたが、普段から英語に興味を持っていることが分かっていたので、体験レッスンを受けてみることにしました。

体験レッスン当日



体験レッスンは教室に行くのではなく、講師が自宅にやってくるということでした。家があまりきれいではなかったので、めちゃくちゃ掃除をしました(笑)

コロナ禍ですので、PCR検査・抗原検査もして、感染対策もしっかりしています!という説明をされていました。さすがにその辺はしっかりしていないと困りますよね・・・。

体験レッスンは両親が揃っているときに受けて欲しいと(子供の反応を両親に見てほしい)言われていたので、主人がいるときに予約を入れました。




予定時刻に講師がやって来て体験レッスンが開始。
前日から楽しみにしていた娘ですが、少し緊張している様子でした。
「Hello~」とテンションの高い講師にあいさつをされて、普段よりも小さな声であいさつを返ていました。娘の様子をみて心配していたのですが、すぐに講師に慣れたのか笑顔が見られました。

レッスンの内容は実際のレッスンと同じ内容でした。カードに書かれた単語を早く見つけられるか競ったり、発音をまねしたり、リスニングをしたり。専用の機械(mola mola)も使いました。
私もリスニングは好きだったので積極的に参加をして、娘を泣かせてしまいました。


体験レッスンで一番驚いたのが以下の出来事でした。


蜘蛛は英語で「スパイダー spider」です。
大人にはスパイダーと聞こえ、スパイダーと発音しましたが娘は違いました。
子供には【スパイルー】と聞こえるのだそう。
実際に娘も【spider】を【スパイルー】と発音しました(rとlの聞き分け)。
それを見て単純な私たち夫婦はおお〜!!と驚きました。

子供の英語学習について調べてみると「臨界期」というものがありました。

レネバーグという語学者が論文で、



“言語は12〜13歳で習得されて、それ以降は習得が難しくなる”

言語習得の臨界期仮設とはーコトバンク

と仮説を立てています。

となると英会話を始めるタイミングは年齢が低いほうがいいということですね。

体験レッスンを終えて


体験レッスンは1時間ほどでしたが、あっという間に終わりました。
おこめ家の方針として、“親が決めるのではなく子供に決めさせる”という方針があります。

私は習わせたいと思いましたが、その場で娘に英会話を習うかどうか聞いてみることにしました。

すると、少し考える様子がありましたが「習いたい」と言ったので、夫婦で相談しその場で契約を済ませました。以外にも主人が乗り気なのに驚きました。

まとめ



体験レッスンで実際のレッスンの内容を知ることができました。子供の反応を見たことが契約の決め手になったと感じています。講師の対応が好印象だったのも判断材料になりました。


結論としては、体験レッスンを受けてよかったと思っています。

これからも国際化は進むし、英語は勉強しておいた方がいいでしょう。海外留学するかもしれないし、もしかしたら国際結婚するかもしれない。どこかで道を聞かれるかもしれない。
可能性を考えればキリがありません。

完璧に喋れなくても楽しく学んでくれたらいいと思っています。


英会話の体験レッスンを受けようか迷っている人は、思い切ってレッスンを受けてみては?そのときは子供と一緒に楽しんでください。親が楽しんでいる姿を見ると、子供はもっと楽しくなると娘が言っていました。

英会話教室はたくさんあるので、いくつか体験レッスンを受けてみるのもいいですね。その際はお子さんの反応をじっくり観察するのがいいでしょう。
意思疎通がとれる年齢のお子さんなら、ゆっくり話をしてみてはどうでしょうか?


おこめ家の体験が参考になれば嬉しく思います。










初めてでも大丈夫!子供の英会話レッスンのはじめ方

コメント

タイトルとURLをコピーしました